<< きちんと休憩を取る出会い | main | 紹介されて、残念だった山口の出会い >>

山口で出会いがあり時折騒音がある

 

私は昨日の後にいくつかの花びらを残しました
私は桜も昨日だったかと思いました。山口で出会い

春は「大塚賞」で終わりました競馬場を見てください(> _
道元の最後の説明の「八代四国」の続きです。

見出しだけを簡単に紹介します。山口で出会い

3.静かになる
時折、世界の騒音から逃げて静かな場所に行きます。

4.日本人参
やりたいことを絞ります。山口で出会い

忘れられない(Fumo Nen)
「そのまま」を受け入れます。

修理スケジュール(しゅうぜんじょう)
私は一歩踏み出して凝視します。

7.シューチー
前向きな話を聞いてください。

 

山口出会い

 

いたずら理論
主張している間でも、相手を傷つける言葉を使わないでください。


それで全部です。

私は個人的に、三人の偉大な僧侶として、

空海道玄、吉弘

生きて、私は言葉が好きで、たくさん紹介します。

吉弘は道元の達人として住んでいたので道元の言葉に似ています。


辞任のフレーズでさえ、

春は花です

夏の季節山口で出会い

秋は月です

冬の雪

すずしかり

(ドリモト)

あさみ(かたみ)

何を残す山口で出会い

春は花です

夏の季節

秋はモミの木です

(よしひろ)

伊豆ダンサーの作者
川端康成氏からノーベル賞受賞講演
日本の四季の美しさは、この道元のフレーズを記念して表現されたと言われています。

西雪、智、吉田健義、名実誠穂、むらさきしきぶなどの古典に魅了されました。
言葉からでも山口で出会い

| 山口 | 11:12 | comments(0) | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--